<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そこを赤く染めるとは・・・さすがスイスデザイン。

この季節、自転車業界では続々2011年モデルが発表され、
私も、デザインや使用しているパーツに色々刺激を受ける。
まだまだこれから発表するメーカーもあるが、
現時点で欲しいと思ったバイクはまだたった1台しか無かった。
いや、決して買う訳ではないのだが。

それがコレ↓BMCのIMPECだ。
d0148087_16591770.jpg

久しぶりに来たね。

3年前KEBEL買う時、迷ったんだよね。BMCと。
サイクルモードに行って試乗した時、良かった(自分に合っていた)んだよね。
でも、チャリ購入にあたりまだその頃、BMC(のカーボン)はフレーム販売だった。
でトータルでKEBELに決めたんだけど、その半年後に完成車出した。
ショックだったね。まぁ、KEBELもカッコイイし気に入ってるからいいけど。

そうそう、KEBELもマイナーチェンジするね。
デザインは大きく変わらないんだけど、ブレーキ&シフターワイヤーがフレームの
中に入るようです。空気抵抗云々らしいが、私にはそこまで分からん。
相変わらずKOMはカッコイイしね。

KEBELのマイナーチェンジ↓
d0148087_17424286.jpg

やはりカッコイイなぁ。


さて、この後はどんなメーカーが出てくるのかな。
楽しみ、楽しみ。(しつこいようだが買わないけどね。)

by kenzy2nd | 2010-08-27 17:46 | チャリ嗜好の日々

貫禄ついたなぁ。でもスタイルはいいんだよね、な会話が可笑しかった。

松山千春のウェルシティ東京(東京厚生年金会館)でのファイナル公演を
テレビでたまたま観た。
普段なら特に興味を示すことも無かったのだが、
他に面白そうな番組がなく、チャンネルをカチカチ替えているうちに
辿り着いたのだ。で、何となく観ているうちにまんまとトークに引込まれてしまった。
かなり毒舌だがテンポ良いトークに。

フォークを聴いていた頃の私はもちろん松山千春も聴いていた。
だけど20数年前のこの人しか知らない。いや、それ以降も知ってはいたけど
悪い話ばかりがピックアップされて、私の方から離れてしまった。
だからスゴく久しぶりにテレビでこの歌声を聴いたのだ。
久しぶりだったが、やはりこの人は本物だと思った。

うちの子ども達はその姿を見てjk(嫁さんの姉ちゃんの旦那)だぁって、
笑ってたけど、確かに色んな意味で変わった。でも、歌だけは変わってなかった。
昔、飲み屋でよく歌った「銀の雨」や「旅立ち」「長い夜」のヒット曲も
ありラストの「大空と大地の中で」の観客も含め大合唱は素晴らしかった。
曲の間に入る毒舌も、その毒舌の中にあるやさしい言葉も聞いていて気持ちよかった。

この年代のプロがプロ然としているのか、今のプロが半端なのかはよく分からないが、
すごいなぁとただただ思ったライヴでした。

by kenzy2nd | 2010-08-23 18:20 | 何気ない日々

もう息子と遊べないと言って大泣きするjmに涙する。(さびしい別れ)

なんだか仕事もプライベートもバタバタで、
あっという間にお盆休みが終わったと思ったら、
怒濤の仕事がぁ〜。休み明け3日目にしてようやく少し落ち着いた。
いや、単なる休憩に過ぎないんだけど。眠ぅ。

今日になりやっと少し気温が下がって、
心地良い環境の元で仕事する。
自慢じゃないが、もう3週間チャリ乗ってねぇ。
マジで体型戻りそう・・・・(涙


兎に角、色々あったのだ。
カナダからやってきた義姉家族も17日で帰国。
1ヶ月ちょいの滞在だったが、すっかり息子達も情がうつり、
ケンカしたり、仲良くなったりを自然に繰り返すようになった。まぁ所詮小学生。
義姉の下の子もとてもカワイクて抱っこしてあげるのが楽しみだったのに。
ダンナのjkとは酒ばっかり飲んでた。義父も勿論だが。
カタコトの日本語と英単語を並べて、なんとなく的なニュアンスで会話する。
もっと英語を勉強しておけば良かったとつくづく思う。
言葉のコミュニケーション以外の手段が酒だったとは・・・
もっと色々話がしたかった。義姉家族全員と。


まぁ、今度はこっちが行くよ・・・って、言えるようになりたいなぁ。
息子にはスキー修行に行かせたいのは、親のエゴか。


お盆休みは毎年恒例のお墓参りでした。
喜多方(熱塩加納)にて嫁さんの親の実家に行く。
本当にいつもいつも「飲ませ、食わせ」が待っていて、申し訳ないです。
今回は義姉家族も一緒だったので、さらに料理が増えていた。
間違いなく、お盆は肥えるよ。

今年は大人数だったので、福島には戻らず、ホテルにご一泊となった。
息子の頭に中に[ホテル=ベッド]があり期待感は最高潮を迎えたが、
残念ながらバリバリの和室でした。息子ガッカリ。(今度ね。)
食事は夕食・朝食ともバイキングだったが、とめも美味しく頂きました。
翌朝4時半に起き、息子とカブト虫を探すが、途中雨になり中止になる。
朝ブロに息子と入り、朝食を済ませホテルをチェックアウト。
帰る途中で五色沼に寄り、みんなで記念撮影。

で、そのまま福島に向う。
みんなお疲れ様でした。とても充実した休日でした。

家に着き、一段落着いて・・・・今度は我が実家に向うのであった。(汗

by kenzy2nd | 2010-08-19 17:12 | 何気ない日々

悔しかったら、もっと強くなれ!と心で叫ぶ猛暑な日。

先々週の海に続き、先週末も何かとあった。

土曜日、息子の加入するサッカークラブで試合があった。
場所は安達町。朝8時に集合との事。
今回、メインのコーチ陣が参加出来ないそうで、
代わりに私がメインになる事に。まぁ、他にもコーチがいたんだけど。
そんな訳で6時半起床、7時15分には出発。

現地に着けば、もうすでにアップをしている子ども達がいた。
もちろん、ウチの子らではないのだが。(笑)
暫くしてウチのチームの子達が続々到着する。
時間は8時過ぎ。今日は確か20人で登録していたハズとkトップチームコーチ。
1人、2人・・・・・あれっ?9人しかいませんよ。
しかも殆ど1年生。う〜む、参ったね。
本日は2試合予定してたんだけど、選手全員フル出場になるなぁとkコーチ。
今回は8人サッカーなのだが、控えが1人じゃ間違いなくフルになりそう。
まぁ、楽しくやれば良しとしましょう。


第一試合。
結果は大差で負けてしまった。これも経験だから仕方がない。
相手チームが強過ぎた。
ウチの息子は悔しくて泣いていたけど、まぁ次頑張れよと慰める。
後半は今まで見た事無いような動きを見せてくれた息子。
少し驚いたけど、このぐらい出来ないと他の子について行けないのだと厳しくする。
今回はキャプテンのhが可哀想なぐらい走り回っていた。
2年生が1人もいないし、3年生もウチの息子ともう1人だけ。
あとは1年生だが、広いコートであたふたしてる間に笛が鳴る。
始めは作戦をたてていたが、・・・・やはり無理があった。


昼食&休憩。
この日は(まぁ最近は毎日)日差しが強く、間違いなく焼ける。
しかも暑いのでガンガン水分を補給しないと熱射病の危険性が。
子ども達にもガンガン水分を摂るように言う。
試合前の練習もそれでけで充分、体力消耗となる。
残りの試合、みんな頑張れ!


で二試合目。
kコーチにもう好きにやっていいよと言われ、楽になったのか、
みんなの動きが変わった。(あくまで前の試合に比べてだが)
相手チームは一回戦の時よりは決して強くはないのだが、
なんと人数合わせで6年生が数人加入していた。(これがまたデカいんだよ。)
それに1年生の子達がビビッちゃって、プレスできないでいる。
3年生はその辺は違ってプレスをかけるのだが(息子もガンガン当たっていた)、
なにぶん人数が少ないので、すぐボールを取られる。
で結局、1回戦までではないが負けた。(今回ウチのチームは1点も取れなかった)
kコーチ曰く「気持ちで負けていた。相手はそんなに上手いチームじゃなかった。」と。
確かに・・・・でも、1年生のチビッ子にメンタルを求めるのは難しいよ。
それでも何人かは頑張って攻めてたけど、体型が違い過ぎる。
ある意味、相手チームが卑怯だというコトも・・・。


まぁ、なんだかんだで試合は終わった。
kコーチ、sコーチ、お疲れ様でした。色んな課題が出来ましたね。
でも基本は楽しくサッカーをやるコトだから無理はさせないようにしましょう。


その翌日。
通常通り練習を行う。
昨日の疲れが出たか、夏休みだからか、6人しか集まらず。
sコーチと私。なにやりますかぁ?的な会話で始まる。

私は素人だが、sコーチは現役。今もチームを組んでサッカーをやっているらしい。
2人の息子もサッカー少年なのだ。そんなsコーチは昨日の反省もふまえ、
色々と練習メニューを組んでくれた。褒め方がまた上手いのである。
sコーチもそうだが、クラブ自体が褒める教育を心掛けている感じ。
息子に怒鳴ってばかりの私だが、こういう部分は見習わなければと思う。

人数は少なかったが充実した練習でした。
午後から出勤してしまった訳だが・・・・。(涙)

私はすっかり、逆パンダ状態です。(日焼け具合が)

by kenzy2nd | 2010-08-11 19:06 | 子育ての日々

3人見たらデスっちゃうかも。

ヤフオク(ストア)で商品を購入したら、
昨日の今日で商品が届いた。
スゲーなぁ、なんだこの対応の早さはと思って感心しながら何気に伝票見たら・・・・、

オイラと同性同名(漢字も一緒)の人が担当だった。

こんな事ってあるんだなぁ。
ある意味ドッペルゲンガーみたいな。

何か妙に(使ってもいないのに)その商品に愛着が湧いた。

by kenzy2nd | 2010-08-10 19:39 | 何気ない日々

jkの泳ぎにウットリな嫁。そしてコワいと俺にピッタリな娘。

8/1(日)晴れ。
嫁さんの両親、義姉の旦那と息子、そして私の家族の計8人で新地町の海へ行く。
すっかり恒例となった海だが、今回はカナダからの親子が参加でさらに盛り上がる。
息子はもう放っておいても勝手に泳ぎに行く(浮き輪付)のだが娘はまだまだ慣れない。
まぁ、年一回しか来ないから無理もないのだが、それでも少しでもと思い抱っこしながら
海に近付く。当然、娘は大泣きする。必死でしがみついているのが判る。
去年も同じ事やってたなぁなんて考えながら、娘の顔色伺いながら水に浸かる。
泣いてはいるものの涙は流していない娘にこれはイケると、ゆっくりではあるが
慣れさせる。どのくらい入っていたろう。暫くするとさっきまでの大泣きが嘘のように
はしゃぎまくる。しかも今度は抱っこさせながらあっち行けだぁ、そっち行けだぁ
父を引っ掻き回す。ムムム。

その頃カナダ人のjkとkm親子はとても仲良く波に揉まれてました。
聞くところ、湖はよく行ってるそうで泳ぐのは平気らしいが、
海はさすがに塩水で慣れないから大変だと。息子のjmも塩水飲んだと大騒ぎ。
しかしそこは体の大きいダディがちゃんとフォローしてjmはとても楽しそう。
そんな姿を見たウチの息子もオレにかまって欲しいオーラを発するが、
娘で手一杯なので、すまんとオーラを返す。後で遊んであげるから。

一通り泳ぎ、昼食を済ませ、去年もやったカニ採りをしようと息子。
よ〜し、ようやく息子と遊ぶことに。
ところが今年は全然カニが見当たらない。10分探しても30分探しても。
そのうち息子の方が飽きてどっかへ行ってしまった。う〜ん、どうした?
で、そこからまた少し粘り、ようやく1匹捕まえる。

戻ると息子はまた泳ぎに言ってるし、結局娘とまた海へ。


さんざん遊んだのでそろそろ帰るよ〜と。
シャワーを浴びて着替えをして、子ども達はかき氷を食べる。
ところが少ししておばあちゃんが霊山でソフトクリームを食べようと言い出す。
嫁さんが息子に「あんたらはかき氷食べたんだから、それでおしまい。」
それを聞いた息子はショックを隠しきれず思わず、
「そんならかき氷なんか食べなきゃ良かった〜。」嫁さんキレる!!

まぁ、そんなこんなで結局、ソフトクリームはみんなで食べましたが。
しかし毎回ココは激コミだなぁ。


毎年恒例の海水浴も無事終了。
来年、息子は浮き袋を卒業できるかな?
オイラはチャリ乗ってもいないのに真っ黒に日焼けしてしまいました。イテテっ。

by kenzy2nd | 2010-08-09 16:34 | 子育ての日々