<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

厄年が・・・。

先日、友人のkozyがヘルニア悪化で緊急入院してしまった。

後輩T氏から昨日電話をもらい、状況を聞く。

本日、手術をする(もう、したかな?)らしい。
相当、悪化していたらしく、左足の指が動かせない状態になってたそうな。
ただ、今日の手術が成功しても、しばらく(へたしたら6年ぐらい)指動かない
ような事を言われたそうです。しかも全身麻酔するらしく相当凹んでたとも。

先月、ヘルニアが再発していた事は本人から聞いていた。
症状は軽いから、整体屋で少しずつ良い方向に持っていくと。
彼はロードバイク(リドレー)を買ったばかりで、その矢先ヘルニアが再発した。

そう言えば、ちゃりけんさんも自身のblogでヘルニアの話をしていたが、
ヘルニアを持っている人は、チャリ乗りは無謀なのでしょうか?
それともリハビリになるのでしょうか?
kozyはまだ一度もロードを外で走らせていない。(ローラー台を何度か)
手術が成功して、来春頃、リハビリとして乗れるのならいいが、
その反対なら・・・・。

私の周りにも何人かヘルニアを持ってる人がいます。でも、症状がバラバラで
今ひとつその重さにピンと来ません。
私も時々、指先が痛むことがあり、嫁さんから「リュウマチ」じゃないの?と
言われますが、「リュウマチ」も状態によっては指先が壊死する可能性もあると
聞いた事があります。

kozy は仕事に厳しい男だから、相当ムリしていたに違いない。
でも、もうオレら厄年、オーバー40なんだから無理しちゃいかんのよ。

無事、手術の成功を祈る。(まぁ、現代医学を持ってすれば大丈夫だろうが)
落ち着いたら、病院に行こう。

by kenzy2nd | 2008-12-22 18:57 | チャリ嗜好の日々

Rock 'n' Roll CRAZY NIGHT

先月30日のこと。
日本のHMバンドの重鎮[LOUDNESS]のドラマーであり、リーダーの
樋口宗孝氏が肝細胞癌により帰らぬ人となりました。

10代後半から20代半ばまでの私にとってLOUDNESSの曲はバイブルであり、
お遊びでバンドをやっていた部分にもかなり影響受けていたと思います。
残念ながらライヴで彼らを見ることは一度もありませんでしたが、
アルバムが発表される度に聴きまくっていたことを憶えています。

しかし最近、私はすっかりLOUDNESSを聴かなくなってまして、
それも音楽の方向性が、私の求めているものと違う所に向いてしまい、
ここ10年くらいLOUDNESSから離れていました。

その間、メンバーが幾度となく替わり、
最近オリジナルメンバーで復活したとニュースで見たわずか数ヶ月後、
樋口氏が入院、そして・・・・。

ここ数日、何気なくまたLOUDNESSを聴いています。
もちろん、昔のアルバムCDですが。
あらためてカッコイイと思った。最近のは判らないがアメリカ進出し、
MSGで日本人初のライヴをやった頃は最高だった。
でも、アルバム的に完成度が高いと思ったのは[SOLDIER OF FORTUNE]で、
皮肉にもオリジナルメンバーのヴォーカル二井原氏が解雇になった時のアルバム。
日本人の声では表現に限界があると感じさせたアルバムでした。
バックのメンバーはもうすでに世界的技術を持っていたから・・・。
まぁ、私の勝手な意見ですが。

私は樋口氏のドラムはあまり好きではなかった。セットのチューニングによる
音が好きではなかったというか。同世代であれば、エリック・カー(元KISS)
や、ベタだがEARTHSHAKERのドラムが好きだった。
でも、バンドとして総合的に見れば、(今にして思えば)LOUDNESSの音として
一番ベストなチューニングだったようです。

しかし、残念ながらもう樋口氏のドラムでのLOUDNESSの曲は
演奏すること(聴く事)がありません。
たぶん、私も今後LOUDNESSがアルバムを出しても聴く機会はないと思います。

樋口さんのドラムの凄さを最近ようやく知る事ができた。

合掌。



しかし、事故であれ、病気であれ、有名ロックバンドのドラマーは
なぜか若くして死を迎える人が多い。なぜなんだろう。

by kenzy2nd | 2008-12-18 18:41 | 何気ない日々

こでらんに走行会

大人数での走行会をしました。

コースは前回走ったコースのややショートなヤツ。
そう、前回脚つって大変だったヤツだ!

今回はご一緒するのが初めての方が多く、
挨拶するのが緊張した。しかもblogで勝手にお世話になっていた
ちゃりけんさんやキャサリンさんとも走れると言う事で、
これは気合い入れねば!!だった。
そして以前ホンキートンク走行会でご一緒した方々もいらっしゃったので、
とてもワクワクしたのだ。(もちろん我が師匠×2も含むで)

前回のミスを頭に入れながら、ジワリジワリ走る。
pontsuko師匠やマイヨK師から、あおられながらも、自分の中で
「いやいや、まだまだ。前半は抑えろ、オレ。また前回の二の舞踏むぞ。」
と焦る気持ちを抑えながら一番後ろを走る。

一番後ろにいると、前を走っている人の走り方が良く見える。
美しいフォームで走る人。体を左右に振りながら走る人。
ギヤの入れ所もそれぞれで、見ていてとても楽しい。
我が師匠たちは、相変わらず「負げらんに」で走る。これもまた楽しい。

そして何より一番後ろで走るのは[風が来ない]ところがグーなのだ。
こんなにも風が来ないのが楽だと感じたのは、初めて。
でも、ただズルズル引っ張ってもらうのはツマらないと感じ始めて、
飛び出した15の夜・・・、いやいや後半戦。
前回走らなかった林道も濡れてなければ良かったなんて思いながら走る。
途中途中の休みにシコシコとストレッチする。前回のがまだ引きずるオレ。

で、結局最後は師匠と「負げらんに」だった。

今回、ちゃりけんさんはロードの倍程の重さのチャリで走った。
でも、もし普通にロードだったらと思うと私も、頑張らねばと思うのだ。
そして、もの凄い余裕を見せていた(感じがした)141さん。
カメラ片手に走る姿。たぶん本気モード入ったら絶対追い付けんよ。
そして(私はアッチ系じゃありませんが)ホレボレするようなフォームで
颯爽と走っていたTREKマドンの人(・・・名前聞けんかった)。
・・・・等々、ほんと、皆さんイイ感じです。

みんなで走るっていいねぇ。
すごく勉強になる。そしてすごく楽しい。
また、やりましょう。是非。
d0148087_0172157.jpg

走行しながら写真を撮る高等技術は、まだ身に付いてないのでコレで。

by kenzy2nd | 2008-12-16 00:21 | チャリ嗜好の日々

調子に乗って、脚つった。

先週末、知人のマイヨ・ジョーヌK氏とその友人pontsuko師と走る事になりました。
pontsuko師はblogを拝見していたので、なんとなくスゴい人だと分かっていた。
マイヨ・ジョ・・・・・略してkikuoさんはアメフトをやっていたらしいので、
(今思えば、確かにあの上半身は相当鍛えた身体であった。)

コース詳細はpontsuko師のblogに記載されてますが、
師曰くプチ峠とおっしゃってましたが、数あるのでなかなか楽しめますぞ。
もっとも私は後半、脚つったり、ケツ痛かったり、ラジバンダリ。
二人についていけませんでした。(涙)
自己ペース配分を守らないととんでもない事になるを実感しました。

出発は午後1時からで、2時間半ぐらいと言われていたので、
少し余裕かましてましたが、さすがにこの季節、しかも風が強い、
さらに夕暮れが早い。で結局家に着いたのが4時半過ぎ。
トータル70kmを3時間半かけてしまった訳です。う〜ん。

まぁ、いろいろ反省すべき点はありますが、
楽しかったので、良しとしましょう。

by kenzy2nd | 2008-12-08 19:18 | チャリ嗜好の日々

久しぶりに人と走る。

最近どうやら良い天気に当たらない。
平日はこんなにも暖かいのに。
週末のチャリ乗りに限って雨だの雪だの・・・。

今週頭の日曜日。
sugano氏と久しぶりに走りに行った。
前日、私が内緒でロードバイクを購入していた事が発覚し、
(いや、隠していた訳じゃないんだけどね。タイミングが・・・と言い訳)
怒られた。(冗談ですが)

で、先週一緒に走る予定だったのが雨で中止になったので、
日曜日ようやく・・・・、でも今イチの天気。前日は天気良かったのに。

sugano氏の車で南に向かい、雨の無い所をウロウロ1時間。
あまり車中にいると走れないので、ある程度妥協して、
東和町の「道の駅」に停車。
そこから岩代町〜二本松〜飯野町〜東和町の道を走る。2時間ぐらいかな。
途中、雹が降ってくる。

道の駅で少し遅くの昼食を摂る。
しばらく休んで、もう少し走るか悩む。
sugano氏の意見でとりあえず戻る事に。
このまま私はチャリで帰ろうかとも考えたが、せめて途中までと
車で移動。実はこれが良い結果となる。
川俣に入った途端、雨が強くなる。しかも道は下り。
福島市内に入るも雨は止まず・・・・、いやぁ〜車で帰って良かった。

久しぶりに人と走れて楽しかった。
(いつも一人で淡々と走っていたから)たまにはいいな、こういうの。
また、走りにいきましょう。


家についてから、(雨で走れなかったから)少しウズウズしていたので
ローラー台で1時間程走る。やはり外がいいな。
次の休日は走れるのだろうか。

by kenzy2nd | 2008-12-03 22:11 | チャリ嗜好の日々