<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コソ練してる?

銀色連休の初日、I條くんに誘われて、
半田山と小坂峠を走る。
私とI條くんのほか、suganoさん、NXNさん、K玉さんも参加。
なんだか(私以外)長距離ランナーばかり揃った訳です。ついていけるのか?ワシ。
伊達のいつもの公園で集まり、半田山入口までガァーっと走る。
で、そこからゆとりを持って半田山登り。途中、ワァーってなってアタックするも
NXNさんにあえなくパスされる。(スタミナ切れ)おっつけねぇ。
一休みして、ガァーっと下る。I條くん速ぇ〜!!

で、次に小坂峠。初めて来たぞい。
聞けば松坂峠よりは短いからと・・・・。甘かった。NXNさんとI條くんがガァ〜と行く。
オイラもヒ〜ヒ〜言いながら登る。でも確かにそんなに距離は無かった。(フ〜っ)
とりあえず記念撮影を。
d0148087_18452139.jpg

d0148087_18452356.jpg

すいません。K玉さんが写ってませんねぇ。まだ、到着してませんでした。



さて、一週間経っての26日、天気が良かったし、
嫁さんが自転車乗ってもいいよと言ってくれたので、フラ〜っと出掛けました。
行き先はなんとなく北だなと思いサイクリングロードを走る。
あぁ、また小坂峠行ってみるかぁ〜なんと思いながら伊達まで進む。
その途中、kozyくんと今度行こうと言っていた松坂峠が気になって、
桑折町やめて梁川に向う。
ところが、松坂峠の場所がすっかり頭から消えていて、暫く梁川町内をグルグルする。
途中で人に聞き、進むのだが、やはり辿り着かず(方向音痴なんだな。)、
梁川希望の森付近でまた人に聞く。で、ようやくここに着く↓
d0148087_18455370.jpg

待たせたな! いざっ!!

半年以上振りか?すっかり道も忘れて、で黙々と走る。
前にkikuman師匠&pontsuko師匠と来た時はエラい苦しかった記憶があるが、
今回はあそこまでではなかった。(そりゃそうか)

途中、クマに出逢ったらどうしようとか思う余裕があったが、
目の前のヘビには気付かなかった。(すごいデカかった。グルグル巻きでした。)
で、到着も記念写真をサッと撮ってその場を立ち去る。
d0148087_1846848.jpg


で、梁川町内に入りコンビニで飯を摂る。

そしてそのまま月舘町〜川俣町〜福島市と進む。
梁川町内をグルグル廻ったからかその日の距離は100を超えていた。
帰りは向い風が強く、ちょっと疲れました。

まぁ、松坂峠の場所は憶えたけどね。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-28 19:16 | チャリ嗜好の日々

銀色の休日。

先週の連休、特に金も無いので、
(あと息子はサッカーの大会だったし)近場で過ごす。
20日の日曜日、色々あって行けなかった浄土平&吾妻小富士に家族で行った。
色々とは、数年前に浄土平に行こうとしてたら息子が
途中でリバースして引き返したのだ。それ以来一度も行かなかった。
まぁ、私はチャリで行ったが。

さすがに今回は無事に着いた。(今度は娘が・・・なんて思ったが)
天気は最高。観光客も大勢で大変賑わっていました。
(インフルエンザは大丈夫なのだろうか?)

とりあえず、吾妻小富士に登る事に。
息子は調子こいて一人で進む。私は娘と手をつないで登るも
途中疲れたと、結局娘を抱っこして登るハメに。
噴火口を見た息子はチョービビりまくり、「落ちる、落ちる」と大騒ぎ。
グルッと回ろうと思ったが、息子一人残して行けないので、1/4程で戻る。
娘はキャッキャ言いながら喜んでたんだが。
嫁さんは数日前に足をひねってしまい、やっとの思いで登る。
風は強かったな。

下に降りて、食事しようと思ったがレストハウスは激コミで、
結局、ソフトクリームと軽いもの(ソーセージとか豚汁とか)で済ます。

その後、天体望遠鏡で昼間の金星を見る。息子と嫁さんは感動してた。


その後の休日は息子サッカーだったり、息子熱出したり、お墓参りしたり、
まぁ、普通に過ごしました。
休み明けはボケボケでしたが。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-28 18:43 | 子育ての日々

嫌いじゃないけど、味覚的にムリ。

Dに買って来てもらった。
[シャア専用MSモノアイアイス]

もっと早くお目にかかりたかったが、今ようやく。
セブンには売ってなく、ファミの方でした。

まぁ、別にそんなに味は期待していなかったが・・・・。
d0148087_17454245.jpg

サイズはマチルダさんぐらい。(分かんね〜し) 137円って。(また微妙な)
d0148087_17455536.jpg

もうすでに融けてるし。なんか美味しそうな感じが全然しない。


・・・・・やっぱり、そんなに美味くなかった。(正直に)
イチゴ味のかき氷の中にコーラ味のシャー(シャア?)ベット。
さらに真ん中にモノアイらしい、いちごソースが・・・。ナシだな。



認めたくないものだな、流行(はやり)ゆえの過ちというものを。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-18 18:02 | 何気ない日々

折角だから、長生きはするもんだ。

「フェアレディZの父」100歳、ファン祝う

知らなかった。
片山さんって100歳になったのね。おめでとうございます。

片山豊さん。知ってる人は知っている「Zの父」と呼ばれた人。
フェアレディの前身となるダットサン・スポーツの開発に携わり、
米国日産の初代社長に就任後、フェアレディZを開発、北米市場で販売。
日米で100万だ以上の販売に貢献する。
アメリカではヘタな日本人より、超がつくであろう有名人。
(もちろん日産車ファンにも)

数年前にイベント会場でお会いした時も凄いオーラを感じた。
でも、気さくな感じで握手やサインにもやさしく応えて頂いた。
これからも長生きして、益々お元気でいてください。

実は私は今まで一度もZに乗った事がありません。
でも、いつかは・・・・という思いはあります。
元々日産車が好きなのですが、GT-Rじゃなくて私はZに乗りたい。
今はミニチュアカーで満足してますが。
d0148087_1515278.jpg

ミスターK「Zの父」のサイン入りダットサン240Z↑
家宝の一つです。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-09 15:21 | 何気ない日々

天空の谷を目指して。その2

レース中、落車した方やパンクされた方が多かった。
レース終了後もパンクが続出。なんで〜?と思っていたら、
皆さんタイヤの空気圧を目一杯入れて走ってるんだとか。
登りはそんなに回転数多くないのでタイヤ内の温度はそれ程上昇しないが、
(でも、やはり山登りで気圧の変化が原因でパンクする)下りは特に
ホイールが高速回転してさらに気圧も急変するのでパンクするらしい。
〜それらをよく知っている人はレース終了後、空気圧を幾らか抜いて減らすらしい。
空気圧を上げると地面への接地面(つまり抵抗)が少なくなるので、
登りには良いらしい。
まぁ、私はそこまで走れませんけど。

下ってからチャリを片付け服も着替え、大会サービスの豚汁を食す。
駐車場でのオカピーさんの話。
知り合いに2ヶ月前にチャリ乗り始めた人がいて、今回42分台だったとの事。
ゲェ〜、2ヶ月しか乗ってないのに42分台だと〜!
世の中には色んな人がいるもんだ。やはりセンスなのかなぁ。

閉会式も終わり、その足で国民休暇村のお風呂へ。
しかしさすがにこの日は混んでいた。
湯船につかりボ〜ッとしていると前から見覚えのある顔が・・・・!?
オイラ「あれ〜、K春さん?」
K春さん「おぉ〜!」20年近く前に勤めていた会社の先輩だった。
K春さん「何?走ったの今日?」
オイラ「えぇ。あれ?出てたんですか?」
K春さん「いあぁ、オレ自転車始めてまだ2ヶ月しか経ってないから。」
オイラ「・・・・・・・もしかして、42分台で走りましたか?」
K春さん「そうそう。なんで(知ってんの?)」
オイラ「ハハハ。世の中狭いッスねぇ。」
そう、オカピーさんの言っていた話の人は私の知人でした。ビックリ。

で、暫く会話して、またいつか走りましょうと言い、別れました。
東和町のマラソンランナーはチャリの世界に入って来たんですね。
確かに脚力と心臓は強いわな。でもタバコ止めらんにって言ってた。(笑)
私の幾人かいる目標にまた一人加わりました。「まげでらんにした。」
オカピーさま。
本当に世の中狭いですね。そしてオカピーさんに感謝です。
オカピーさんの話がなかったら、たぶん遭えなかったでしょう、K春さんに。
K春さん。機会があったら一緒に走ってくださいませ。


話を戻して。
とっぷんした後、猪苗代町で蕎麦を頂く。
やけに混んでる店だった。(殆どが女性客だった)
蕎麦を待つ間チームジャージの話や久米さんロード参戦の話
(この時は冗談で言ってると思ったが。)や、SUGO耐久レースの話で盛り上がる。

それからこの場所でkikuさん、ponさん、ヨッシーさん、久米さんと解散。
4時帰宅。

いや〜、楽しかった。会津ヒルクライムとはまた違う楽しみ方だった。
それにしても、なんとなく始まった「チームまげでらんに」が
ここまで凄いチームになるとは。pon師匠が言うホイド気質か「まげでらんに」根性か。
みんなそれぞれ試走より大幅にタイムを縮めて、5人みんな100位以内に入る。
kiku師匠43分36秒。pon師匠46分36秒。kozyくん46分45秒。ヨッシーさん47分58秒。
まぁ、私がドンケツでしたけど。(泣)次こそは〜!

でも良い感じで盛り上がってますね。
チーム内でモチベーションが上がるって良いコトです。
なんにせよ、このチームにいて良かった。この人たちと一緒に走れて良かった。
自転車乗ってて良かった。これに尽きます。


あ〜止めらんにない、チャリ生活。


第4回 裏磐梯スカイバレーヒルクライム大会
ロードレーサー男子Bクラス/完走292人中81位[48分01.9秒]
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-09 14:47 | チャリ嗜好の日々

天空の谷を目指して。その1

9月6日(日)晴天の北塩原村。

とうとうこの日がやってきた。

早朝3時過ぎ。
目覚ましとともに眠い目を擦りながら起床。
この時間なのにもう部屋が温かい。なぜ?晴天の予感?
忘れていた子どもの為のテレビ番組をセットし、今日の準備をする。
4時20分前。kozyくん到着。イソイソとチャリを積む。いざ、我が社へ。
会社駐車場。もう3人(kikumanさん・pontsukoさん・ヨッシーさん)は待っていた。
遅くなってすいません。さぁ、「チームまげでらんに」いざ出陣じゃ〜!!
結局kozyくんとpon師匠の車2台で目的地へ移動。まだ薄暗い。

こんな細かく書いているといつ終わるか分からないので、簡単にまとめる。

現地到着。
早速チャリを準備する。
偶然にも停まった駐車場にマドンじいさんやオカピーさんがいた。
オカピーさんに聞いた話が後々ビックリする展開になる。(それはまた後半で。)

緊張してるつもりはなかったのだが、
計測チップをフォークとホイールのスポークに同時に結束バンドを縛るという、
なんとも恥ずかしい行動をとる。(しかも2回続けて。アホや〜)
しかも会津ヒルクライムに続いてまたボトルを忘れる。ハァ〜な溜息。
救いの神様ヨッシー様が予備で持ってたボトルを貸してくれる。
ありがとうございます。助かった〜。

右太腿が痛い。ヤバい予感。緊張を解す為と体を暖めるべく、練習に行く。
これが後々、効いてくることに。

いざ、スタート。会場に遊びに来たクメさんに撮ってもらう↓
d0148087_18523820.jpg

さて、私はどこでしょう?kozyくん(前)と私。
d0148087_1853337.jpg

緊張してっぺした。


始まったらもう行くしかねぇ〜べ。
前半スカイバレー入口まではkozyくんにピッタリ付いて行く。
途中抑えきれず、抜いたりしたが、そこはあっさりパスされる。(ハハハ)
それでも試走の時よりずっと漕げる。大丈夫、調子良いよオレ。
兎に角ゴールまでスピードが1ケタにならないよう漕がねば。
途中NXNさんにあっさりパス(サァ〜って抜かれた。アンカーやるな〜)され、
pon師匠には励まされ(遠くから響く呼び声が私を走らせた!)、
暫く抜かされないように踏ん張るもやはり途中でスタミナ切れ。
さようなら、師匠〜。
残り2km。コーナーで若いに〜ちゃんが振ら付き、接触しそうになる。
思わず登り坂なのにブレーキを。く〜っ!!辛い。まぁ事無きを得たのでOK。

残り1.5km。右足ふくらはぎがつった。でも、もう止まれねぇ。
ダンシングはムリだがなんとか漕げる。ここで踏ん張らねば〜〜。
ラスト500m。スパートかけ遅れて、でもそこは必死に漕ぐ・漕ぐ・漕ぐ。
ゴ〜〜〜〜ル。

いやぁ〜、気持ちいい〜。最高だな、こりゃ。
タイムはもうどうでもいいや。満足。

集合場所でkozyくんと。↓
d0148087_18533976.jpg


続きは後半へ。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-08 19:30 | チャリ嗜好の日々