<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初陣! 磐梯吾妻スカイライン〜その2

〜続き。
スカイライン入口料金所にて150円を払う。
「この150円は他人にとっては、ちっぽけな150円だが、
私にとっては大きな150円なのだ。」と月にでも行ったかのようなセリフが浮かんだ。

さぁ、ここからが大変なのだと心に言い聞かせペダルを漕ぐ。

しかし、本当に天気が良い。良過ぎる。
道の所々に車を止めておじちゃん、おばちゃん、子供までもが何かを採っている。
たらの芽、いやふきのとうか。とにかく邪魔だな。人が折角、気持ち良く走っているのに。

どれほど走ったろう。だんだんと風が強くなってきた。
看板が見える。「吾妻小富士まで8km」おぉ〜、まだこんなにあるのか。
向かい風と寒さと疲労が重なり、一人で走る不安も募り、
だんだんテンションが下がってきた。
コーナーを回ろうとした瞬間、目に飛び込んできたのは↓
d0148087_132950.jpg

遠くに見えるは猪苗代湖ではないか!
と言う事は目の前にあるのは磐梯山かぁ〜!!
よくもまぁ、ここまで登ったものである。(自分に関心する。)

そして暫くすると、何やらチャリダーが向こうからやってくる。
すれ違い際、軽く挨拶したら1台〜2台・・・と降りてくる。
するとそのすれ違い際に私を呼ぶ声。
「ケ〜ン!」あっ。「ポンさん」・・・なんだかグッときたぞい!
pon師匠、そしてちゃりけんさんも、オカピーさん、suganoさん、
I條クン、K玉さん、そしてkikuman師匠も。みんな〜、会いたかったよ!!
暫く会話を楽しんでsuganoさんやkikuman師匠に吾妻小富士はもうすぐだからと
勧められ、私も色々(気持ちやら何やら)復活したので、
皆と別れて最終目的地に進む事に。その間、私たちとは別に1台のキャノンデールが
やはり同じ方向に進んで行った。誰かが冗談で「あの人と一緒に行って帰ってこい」と
言ったが、・・・・まさか本当にそうなるとは、その時全く予想していなかったのだ。

話に聞いていた雪の回廊を走る。ちゃりけんさんのblogで見た程の高さではなかったので
(あの写真はビックリだった。だいぶ融けたな。)写真は撮らなかったが、面白かった。

そしてようやく念願の浄土平〜吾妻小富士に到着!
ヤッター! みんな〜オラも来たよ〜!!
d0148087_1305712.jpg

d0148087_1324991.jpg

そして記念だから↓
d0148087_1313360.jpg


お約束を一通り終えたら、すっかり体が冷えたので(ドリンクも無くなったので)
自販機に向い、ドリンクを補給していると、あのキャノンデールの方が話しかけて
きてくれました。kondouさんです。(お名前は別れる時に聞きました。
最初に聞けばいいのにね。失礼でした。スイマセン。)
kondouさんは元々MTBに乗ってらっしゃって、今回初めてロードを購入されたそうで、
乗り方が今イチ慣れないと言っていた。(そして来たのがスカイラインって、スゴ過ぎ)
福島市内にお住まいとの事。これからもちょくちょくお逢い出来そうですね。
なんとkondouさんは先日の大槻公園MTBミーティングに参加しており、
ソロで3位になったそうです。スゴい!!
しかも、昨年12月中旬に[こでらんに走行会(pon師匠推薦コース)]があったとき、
度々すれ違ったイエローカラーのGT(憶えてますか、皆さん?)、
そのオーナーなのだそうです。いやぁ、世の中狭いね。

で、結局2人とも寒いので、このまま来た道戻りましょって事になり、
一緒に帰ってきました。オイラの弱い足腰に走りを合わせて頂いてすいません。
行きはタラタラ、ハァハァで3時間以上かかってんのに、帰りは1時間ぐらいで
帰ってきてしまった。しかも当たり前だが殆ど漕ぐ事は無かったし。
福島C.Cの入口で2人は別れました。また一緒に走りましょうね。

14時過ぎ。私も無事、家に到着。
距離にして89.896km(もう少し寄り道すれば90だったのに。)
なかなかの走行距離だすね。
最高時速68kmだった。(ちゃりけんさんのblogだと80km出たって書いてったが、
私にはムリです。(笑))

しかし、楽しかった。また行ってみたいな。うん。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-21 14:26 | チャリ嗜好の日々

初陣! 磐梯吾妻スカイライン〜その1

数年前、高湯街道から磐梯吾妻スカイライン入口料金所までチャリで行くつもりが、
暑さやスタミナ切れで途中挫折をして自分には登頂はムリだと思っていた。
T湯街道狂想曲
数年後、昔の自分とは違うと思いながら、それでもビビって登れずにいた訳ですが、
とうとうこの日が来ました。

kikuman師匠やsuganoさんからお誘いを受けて、
週末、磐梯吾妻スカイライン登頂となったのですが、
寝過ごしてしまい(5時過ぎに一度起きたんですが、まだ少し時間があるからと
余裕こいて二度寝してしまいました。その後は語らずとも・・・ごめんなさい!)
で、結局皆さんと一緒に走れなくなったので、土湯街道から攻めようと考えました。
当初予定が高湯街道〜スカイライン〜土湯街道だったので、逆から行けば
みんなに会えると思った訳です。   で、いざ出発、未知の世界へ。

土湯街道を越え、野地温泉を目指す。
当日の気温は24℃ぐらいだと聞いていたが、寒かった。
体が今ひとつ暖まらない。でも、天気はもの凄く良いのだ。
普段、写真を撮る事が殆どない私だが、この日ばかりはチョコチョコ自転車を止め、
ケータイの写真を撮った。(それだけ景色が美しかったから)

けっこう長いなぁ〜なんて目の前の山を見る度考える。
少し走っては山を見る。少し走っては山を見る。
するとどうだろう、あれだけ遠くに思えた山がどんどん近づいてくる。
あんな山まで行けるのか?と不安に思っていたのに、このワクワクした気持ちは
なんだろう。もう行くしかないなって気持ちでいっぱいになったのだ!

d0148087_18283426.jpg

d0148087_1828478.jpg

d0148087_1829194.jpg

そして磐梯吾妻スカイライン料金所に到着する。↓
d0148087_18291758.jpg


ヤッター、ヤッター、ヤッターケン(zy)。
続きはまた明日。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-20 19:15 | チャリ嗜好の日々

週末の天気(快晴)を見逃してはいけない。

福島出発→飯野→東和→二本松→道の駅安達→松川→福島到着

とても天気が良かったので、この日を逃してはいけないと急々とチャリの準備。
息子は安達町でサッカーの大会があるというので、こちらも朝早くから出て行った。

行き先は決まっていなかったが、何となく東和町の方に行ってみようとなった。
(まぁ、一人だったので如何様にもルートは変更できるのだが。)
桜も満開であろうからデジカメでも持って行って、のんびり撮影しながら行こうと考えた。
で、10時出発。(予定より1時間遅れ)しかし天気が良過ぎる。
長ジャージは要らなかった。半袖ジャージで十分だった。ムダな荷物が増えた。
市街地を離れ、最初に観た桜を撮影。
立子山に入り、次の桜を撮影・・・しようとしたらバッテリー切れの表示。
えぇ〜、そんな。暫く使ってなかった罰である。ここで一気にやる気を無くす。

その後も所々で桜に会うも(携帯電話のカメラがあるのに)写真も撮らず、停止もせず、
通り過ぎて行くだけであった。[心の中ではちゃんと感動してますよ]

東和まで来たので、折角だから息子がサッカーやってる安達の運動場まで行ってみた。
このあたりから風が強くなり太陽が隠れてきた。
運動場に着いたが、サッカーはお昼休みでやってなかった。息子らを探そうと思ったが、
広過ぎる運動場では大変そうなので(サイクルジャージも目立ち過ぎるのでハズカシい)、
コソっと帰りました。後で嫁さんになんで探さなかったの?と言われたが、
ドクロマークの入ったジャージ着て運動場をウロウロしてたら
(ヘルメット被って、しかもサングラス付)絶対怪しまれるって。


私もお腹が空いたので、[道の駅あだち]に向う。
チャリから離れる訳にはいかないので、簡単に済ませようと、
大判焼とコーヒーとソフトクリームを購入し、外のテーブルで食べる。↓
d0148087_171282.jpg

天気が良過ぎて、ソフトクリームはすぐ溶ける。写真はアレだが、実際は普通のヤツです。

残りは松川通って、旧4号入り、金谷川通って、家に着く。
距離は65kmぐらい。時間はたらたらで丁度4時間。
健康的なチャリ時間を満喫しました。

しばらくして嫁さんと息子らが帰ってきたので、
娘を連れて、実家へ行く。途中ゼビオに寄ってバーテープ(バドミントン用)を購入。
甥っ子が中学に入り、バドミントン部に入部したいとの事。
私が10数年前に使っていたラケットを貸すことに。
(とりあえず、そこら辺にぶつけるであろうから新品はまだ待てと言ったので)
私も中学でバドミントンをやっていたので、多少は教える事が出来るかな。

実家に着いて、ラケットのバーテープを交換する。(3本)
好きなの使っていいよと太っ腹な私。(だったらあげればいいじゃん)
バリバリの未経験者に2万のラケットはどうかと思うので、とりあえず[貸す]前提。
身長の小ささを気にしていた甥だが、私も中学では低い方から2番目だった。
でバドを始めたのだが、卒業するまでそんなに(身長)変わらなかったよ。

まぁ、頑張ってみなさい。[継続は力なり]は本当だと思うから。
数ヶ月後が楽しみだない。私も昔を思い出しラケット振ってみたいな。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-13 13:17 | チャリ嗜好の日々

ペラペラ〜。

ここんところ、うちの2歳半の娘がやたら、喋り出した。
ちょっと前までは言葉は分かっているのだが喋りが上手く出来ず、
いわゆる、赤ちゃん言葉だった。

それが近頃は、ちゃんと言葉になっている。
たまに、何処で憶えたんだそんな言葉みたいな事も。
息子とバカ話としている横に来て「バカ言うな〜」とか、
ジッパー付きのシャツを着ていると、
「う〜って」と言ってジッパーを上げようとする。
朝、寝ている私を「父ちゃん、起きなさい。はい、メガネ。はい、ケータイ」。
もはや世話女房である。

テレビアニメのキャラクターを問うと、ちゃんと答えるし、
物まねも出来るようになった。(最近は犬やブタ、カエルの真似をする。)
あれやって、これやっての内容もちゃんと伝わるようになってきた。

さらに自分が女だという事も最近、意識しているようだ。
こうすれば男(父や爺)は私の言う事を聞いてくれる・・・みたいな。
将来、色んな意味で少し心配な父であった。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-10 17:49 | 子育ての日々

ここ数日は。

ここ数日、仕事がありません。

うちのような職種は忙しい時は夜中まで作業したり休日出勤したりします。
でも、暇になるとやる事が全くなくなります。電話も来ない日もあります。
だけど、だからと言って会社を休むとか外に出て遊ぶ等机を離れる事はないです。
(いつ突然、仕事依頼があるか分かりませんから)
そんな時はネット観て、色んな資料集めたり、カッコイイ写真データなど集めてます。

でも、それでも時間があって・・・そんな時は映画とか観てます。
こういう仕事柄、兎に角色んなところからヒントを得る事があります。
空を見上げている時もふっと頭を過るモノがあり、これだ!!となります。
(まぁ、これは大げさですが)だから映画や音楽を聴く事(ゲームをやったり)も
仕事に繋がる(かも知れない)大事な勉強なのです。

以前、勤めていた会社の上司は「暇なら、本屋行ったり映画観に行ってもいいよ。」と
言っていました。ちょっとした情報収集になるし、アイディアの刺激にもなると。

そういう上司の元で仕事をしていたので、今でもその考えは続いています。
(今、一緒にやっている会社の社長も同じ会社の出身です。)
4〜5年前なんて1日中ゲームやってた。(色んな業者さんも来て、一緒に。)

あぁ、なんて楽しそうな職場だ。なんて楽な仕事なんだ、お宅らは。
と言われそうですが、(マジで)仕事になれば修羅場と化します。(マジで)
納期やらダブルブッキングやらMacの不調やら〜〜もうパニックです。
なんで1日24時間しかねぇ〜んだ!なんて事しょっちゅう考えます。
多分、年間の勤務時間でいったら結構上位に入ると思います。
(だからと言って残業手当やボーナスなどは当然ありませんし。)
でも、昨今の不況を思うと仕事があって良かった(ありがたや)と。

でも、ここ数日は仕事がない。
だれかお仕事ください。(忙しかったら、忙しいでもう嫌だ〜ってなりますけど(笑))
仕事は何でも大変なのだ。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-10 17:27 | 何気ない日々

○○周年とか。

もう過ぎたけど、今年4月7日で[ガンダム]が30周年を迎えたそうで。

「ガンダム世代」とか世間では言ってるが、[ガンダム]って名前がついてる
シリーズがたまたま30年の間に色々やっていただけであって、
正直ファーストしかまともに見ていない私には「V」だの「X」だの「00」だの
全然見てないから分からないのです。
私の中の「ガンダム」は「機動戦士ガンダム」とタイトルのついた、
[ファースト(この呼び名も気に入ってないですが)]だけなのです。

でも、まぁ最初のガンダムの評価が高かったから次に続いたのでしょう。
他のガンダムをご覧になった方々には「他のガンダムも良い作品だから見なさい」と
言われそうですが、「ガンダムと名前が付いてなければ喜んで」なのである。

大人げないと言われれば、その通りかも知れない。
だって私が[ガンダム]を知ったのは小学6年生の時だから。
最初のテレビ放映はメチャ視聴率が悪かったと聞いていた。
話が大人過ぎて、子ども達は見ないなどと雑誌に書かれていた。
本当なら途中で打ち切りも考えていたとも書いてあった。

でも、私はこの[ガンダム]に小学生ながら一目惚れしたのだ。
[テレビマガジン]という子供向け雑誌に掲載された、たった2Pの見開き。
私はゾクゾクした。こんなにカッコいいロボット、今までに無い。
永井豪の描くメカとも違う。龍の子プロのメカとも違う。
全く新しいタイプのロボットに私はやられた。

しかし、待てども待てども、その番組は放映されなかった。
そう、福島では放映されなかったのだ。小学生の私は当時相当ショックだった。
「僕が一番ガンダムを上手く見れるんだ。」と言ったかは定かではない。

それから暫くして[再放送]と言う形で福島でも[ガンダム]が観れるようになった。
まぁ、その頃はもう[ガンダムブーム]の幕開けの頃だが。

昔、誰もがやったであろう。
テレビの前にカセットデッキを置いてマイクをテレビに向けて好きな番組や歌を
録音した事が。途中で親の呼ぶ声や妹が泣く声が入ったりで本人は大激怒。みたいな。
私もそれで[ガンダム]を録っては、それを聞きセリフを憶えたりした。
そんな事をやったのは[ガンダム]と[イデオン]ぐらいだ。
だから今でもガンダム(勿論ファースト)を観るとふらっとセリフが出てしまう。
まぁ、嫁さんドン引きしてますけど。


話はズレるけど、最近マンガやアニメ界で「○○周年」が流行ってる。
手塚治虫生誕00年とか、赤塚不二夫00周年とか、サイボーグ009年とか・・・etc
何かもうゴチソウサマって感じ。何でも有りだな。
その度、番組で特集とかやって、まぁ好きだから観てるけど、やり過ぎ。
別局でやった同じネタをやったりして、おいおいって。 今度は永井豪が来るぞ。


さて戻りまして。
話の途中に書いた「テレビマガジン」に掲載された[ガンダム]の見開きを
私はいまだに大事に持っています。そうコレだ↓
d0148087_13173498.jpg

明らかにロゴが違う。しかもよく見るとガンダムは全長30メートルになってる。
12メートルもサバ読んでた。(笑)


まぁ、それだけ[ガンダム]を愛していた訳ですよ。
こんだけ社会現象になっちゃうと色んな人がエラくなって、熱く語ったりしてますが、
私は純粋に[カッコイイ]と思っていたし、当時同じメカ好きの同級生からは
「カッコ悪いなぁ。何この女みたいな足。」とか言われ非難ゴーゴーだったが、
それでも私はめげなかった。それだけ惚れ込んでいたのである。


この年になって、「マンガ好きです。アニメ好きです。ガンダム好きです。」
なんて堂々と言えるもんじゃないが、言ってもドン引きされないのは
[ガンダム]が社会現象になるまで大規模になったお陰でしょうか。

とりあえず、30周年に乾杯!私の少年時代に乾杯!!

ガンダム30周年記念サイト
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-09 13:37 | 何気ない日々

だんだん春だなん。

先週末、[チーム負げでらんに 大森支部]のLSD走行会がありました。
サブタイトル「土湯の足湯で美女と交流(年齢制限無)」という訳で、
私は少し余裕を持って出掛けました。

少し慣らしておこうと12時少し前に家を出る。
水原の方へ坂を登りに行く。
片道30分程で戻り1時前に集合場所に着き、ドリンクや電池を購入。
1時過ぎても誰も来ないのでおかしいなとメールを見たら、
1時15分集合となっていた。このまま待ってるのももったいないので、
城山公園をぐるっと回ってきた。

1時15分、待ち合わせ場所にkikuman師匠とヨッシーさんが。
おぉ〜、バッソかっこいい〜。
で、早速スタート。北朝鮮の衛星発射も気になったが、目の前のバッソも気になる。
大森街道から荒井のアンナガーデンに向う。風がやや強い。
しかし、kikuman師匠は速い。漕ぎ足にムダが無いのである。
コンパクトドライブもあるのだろうが、軽快に漕いでいる(風にしか見えない)。
油断をするとすぐ離される。負けじとこっちも必死になるが、
いかんせんスタミナが違う。あと体重もね。

はたと気付いたが、スタート時はヨッシーさんに気を遣い走っていたが、
途中kikuman師匠について行くべく走っていて、当然ヨッシーさんは後ろを
走っているのだが・・・・、さほど離れていなかったのだ。そこでふと頭を過る。
「あっ、ヨッシーさん、チャリ部だったんだ!基礎がしっかりしてっから、
こっちもムダな動きしてないんだ。もう、ブランク関係ないんじゃないの?」

そうなのである。
これから先のLSD、kikuman師匠は別として私とヨッシーさんは殆ど一緒に走っていました。
しかもヨッシーさんは上下ウインドブレイカー着用+バッグを抱えていて。
10コ下の私がこれではイカンな!日々、練習だー!(まず無理だろうけど)

さて、向うは土湯温泉の足湯。
サブタイトルにもあるようにどんな交流があるのか!と思いきや、
ご年配の方々しかいませんでした。(そりゃそうだ)
で、私は「いなかっぺ大将」のごとく「どぼじて」を足で表現↓
d0148087_18111544.jpg


折角なんで足湯場とチャリをパチリ↓
d0148087_18105128.jpg


あ〜、足が暖まって疲れがとれたよ〜と思ったら、
じゃ、このまま道の駅まで行ってみっぺ。 となった。
道の駅まで走る。漕ぐ。走る。漕ぐ。そしてkikuman師匠に離される。

ようやく道の駅に到着。で、ソバを食す。
帰りはビュ〜ンと下り坂。楽し〜ッ!!
途中コースを変え、少し遠回りで帰る。
例によってまた足がつる。しかも両太腿。もみもみしながら漕ぐ。

そしてゴール。いや、楽しかった。
途中色々あったけど、やはりチャリは気持ちがイイのである。
お二人には助けて頂いて感謝です。

また、遊びましょうね。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-06 18:28 | チャリ嗜好の日々

どこいこか。

買っちまった。

前々から欲しいと思っていたが今イチ踏ん切りが付かずにいた。
チャリでバッグなんて邪魔だと思っていたが、周りの方々が背負っていて
確かに長シャツとかウインドジャケットなど収納できるのは便利だなぁって。

で、ちゃりけんさんのアドバイスもあって
しかも今月号のサイスポでバッグ特集やっていて物欲が沸きました(笑)
軽さと快適性を重視し、しかも値段がGOOな事でコレに決定↓
d0148087_13443770.jpg


deuter(ドイター) レース。容量は10ℓと決して多くは入りませんが、
なかなか良い感じです。レインカバーも付いてますし。
背負い部分がアミアミなので軽いし、通気性も良さげですね。
まだ新商品なので値段は安くなってませんでしたが、
この値段(6,114円byアマゾン)ならいいやと。

週末はコレを背負って少し遠くに行きたいな。(未定)
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-06 13:54 | チャリ嗜好の日々