2009年 09月 08日 ( 1 )

天空の谷を目指して。その1

9月6日(日)晴天の北塩原村。

とうとうこの日がやってきた。

早朝3時過ぎ。
目覚ましとともに眠い目を擦りながら起床。
この時間なのにもう部屋が温かい。なぜ?晴天の予感?
忘れていた子どもの為のテレビ番組をセットし、今日の準備をする。
4時20分前。kozyくん到着。イソイソとチャリを積む。いざ、我が社へ。
会社駐車場。もう3人(kikumanさん・pontsukoさん・ヨッシーさん)は待っていた。
遅くなってすいません。さぁ、「チームまげでらんに」いざ出陣じゃ〜!!
結局kozyくんとpon師匠の車2台で目的地へ移動。まだ薄暗い。

こんな細かく書いているといつ終わるか分からないので、簡単にまとめる。

現地到着。
早速チャリを準備する。
偶然にも停まった駐車場にマドンじいさんやオカピーさんがいた。
オカピーさんに聞いた話が後々ビックリする展開になる。(それはまた後半で。)

緊張してるつもりはなかったのだが、
計測チップをフォークとホイールのスポークに同時に結束バンドを縛るという、
なんとも恥ずかしい行動をとる。(しかも2回続けて。アホや〜)
しかも会津ヒルクライムに続いてまたボトルを忘れる。ハァ〜な溜息。
救いの神様ヨッシー様が予備で持ってたボトルを貸してくれる。
ありがとうございます。助かった〜。

右太腿が痛い。ヤバい予感。緊張を解す為と体を暖めるべく、練習に行く。
これが後々、効いてくることに。

いざ、スタート。会場に遊びに来たクメさんに撮ってもらう↓
d0148087_18523820.jpg

さて、私はどこでしょう?kozyくん(前)と私。
d0148087_1853337.jpg

緊張してっぺした。


始まったらもう行くしかねぇ〜べ。
前半スカイバレー入口まではkozyくんにピッタリ付いて行く。
途中抑えきれず、抜いたりしたが、そこはあっさりパスされる。(ハハハ)
それでも試走の時よりずっと漕げる。大丈夫、調子良いよオレ。
兎に角ゴールまでスピードが1ケタにならないよう漕がねば。
途中NXNさんにあっさりパス(サァ〜って抜かれた。アンカーやるな〜)され、
pon師匠には励まされ(遠くから響く呼び声が私を走らせた!)、
暫く抜かされないように踏ん張るもやはり途中でスタミナ切れ。
さようなら、師匠〜。
残り2km。コーナーで若いに〜ちゃんが振ら付き、接触しそうになる。
思わず登り坂なのにブレーキを。く〜っ!!辛い。まぁ事無きを得たのでOK。

残り1.5km。右足ふくらはぎがつった。でも、もう止まれねぇ。
ダンシングはムリだがなんとか漕げる。ここで踏ん張らねば〜〜。
ラスト500m。スパートかけ遅れて、でもそこは必死に漕ぐ・漕ぐ・漕ぐ。
ゴ〜〜〜〜ル。

いやぁ〜、気持ちいい〜。最高だな、こりゃ。
タイムはもうどうでもいいや。満足。

集合場所でkozyくんと。↓
d0148087_18533976.jpg


続きは後半へ。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-09-08 19:30 | チャリ嗜好の日々