2009年 06月 15日 ( 1 )

額から流れる汗を、人差し指で拭き取る仕草がなぜかカッコ良かった。

ここ最近、遠ざかっていた。

嫌いになった訳ではないのだが、なぜか観る気にならなかった。

ゴールデンから撤退し、夜中の番組も1時間から30分枠に。
色んな団体も増え(2大勢力から独立で新団体設立)、
一気に分散する。その頃から私の心も少しずつ離れて行った。

KとかPとか異種格闘技がゴールデンで稼ぎ、
時代の流れに潰され、今ではたいした視聴率も獲れない状態。
エンターテインメント性は[体を張って魅せる]から
単なる[ハデさ]へ変わって行き、[ハデさ]が予算上抑えられてから
それもなくなると、スターも居なくなっていたという始末。


若い頃、プロレスが大好きだった。
新日本とか全日本とか関係無く、プロレスそのものが好きだった。
そのプロレスにジャイアント馬場というレスラーがいた。
すべてにおいて大きな人(存在)だった。
試合を観に行き、観客全ての人が馬場さんを楽しんだ。
そして馬場さんもそれに応えた。
試合会場のグッズ販売では、馬場さん(社長が)自ら販売を手伝っていた。
気軽にサインもくれた。兎に角、イメージ通りの人だった。

そして馬場さんは2000年を迎える前に永眠した。


その馬場イズムを継承する唯一の存在(私の思う)が三沢光晴だった。

週末、テレビを観ていて、明日は早いからと天気予報だけ観て寝ようかと
思った時、ニュース速報が・・・・。
[三沢光晴さん死亡]
ハァ?なに言ってんだ?
そして暫くテレビを観ていたがそれからの情報は観れなかった。
翌朝、ニュースで詳細を観る。試合中、バックドロップを受け、
意識不明になり、心肺停止・・・・そのまま帰らぬ人となった。


ジャイアント馬場の全日本プロレスから離れ、
新団体[ノア]を起ち上げた時は心の中で[裏切り者]と思っていた。
だからはじめの頃は[ノア]には興味を示さなかった。随分経って、
知り合いとの会話(いつもこんな会話をしている訳ではない)で、
[ノア]はおもしろいと聞いて、じゃあ、今度観るよとなった。
予想外だったが、三沢さんは(変な言い方だが)ちゃんと[プロレス]をやっていた。
余計な演出はいらない。昔からの正統のプロレスをやっていた。
全日本で観た、余計な小細工はしない正統のプロレスだった。
あの時観た[ノア]は久しぶりに熱くなったのを覚えてる。

でも、また暫くして私はプロレスから離れてしまった。


そして週末のニュース。

知り合いに3度の飯よりプロレスが好きなヤツがいる。
勿論、新日本プロでもなく全日本プロでもなく[ノア]信者が。
彼とも暫く会っていない。
そんな私は彼程深く[プロレス]好きではないが、

三沢さん、ご冥福をお祈りします。
馬場イズムを、正統プロレスをありがとう。

よくレスラーは「マットの上で死ねれば、本望だ」と言うが、
本当にプロレスを愛した男が、果たして本望だったろうか。
まだ46歳だったのに。まだまだこれからプロレス界を
盛り上げて行かねばならない存在だったろうに。
d0148087_11115041.jpg

作ってみた。三沢さん=グリーンのイメージがあったので↑
[PR]

by kenzy2nd | 2009-06-15 12:18 | 何気ない日々