2009年 04月 21日 ( 1 )

初陣! 磐梯吾妻スカイライン〜その2

〜続き。
スカイライン入口料金所にて150円を払う。
「この150円は他人にとっては、ちっぽけな150円だが、
私にとっては大きな150円なのだ。」と月にでも行ったかのようなセリフが浮かんだ。

さぁ、ここからが大変なのだと心に言い聞かせペダルを漕ぐ。

しかし、本当に天気が良い。良過ぎる。
道の所々に車を止めておじちゃん、おばちゃん、子供までもが何かを採っている。
たらの芽、いやふきのとうか。とにかく邪魔だな。人が折角、気持ち良く走っているのに。

どれほど走ったろう。だんだんと風が強くなってきた。
看板が見える。「吾妻小富士まで8km」おぉ〜、まだこんなにあるのか。
向かい風と寒さと疲労が重なり、一人で走る不安も募り、
だんだんテンションが下がってきた。
コーナーを回ろうとした瞬間、目に飛び込んできたのは↓
d0148087_132950.jpg

遠くに見えるは猪苗代湖ではないか!
と言う事は目の前にあるのは磐梯山かぁ〜!!
よくもまぁ、ここまで登ったものである。(自分に関心する。)

そして暫くすると、何やらチャリダーが向こうからやってくる。
すれ違い際、軽く挨拶したら1台〜2台・・・と降りてくる。
するとそのすれ違い際に私を呼ぶ声。
「ケ〜ン!」あっ。「ポンさん」・・・なんだかグッときたぞい!
pon師匠、そしてちゃりけんさんも、オカピーさん、suganoさん、
I條クン、K玉さん、そしてkikuman師匠も。みんな〜、会いたかったよ!!
暫く会話を楽しんでsuganoさんやkikuman師匠に吾妻小富士はもうすぐだからと
勧められ、私も色々(気持ちやら何やら)復活したので、
皆と別れて最終目的地に進む事に。その間、私たちとは別に1台のキャノンデールが
やはり同じ方向に進んで行った。誰かが冗談で「あの人と一緒に行って帰ってこい」と
言ったが、・・・・まさか本当にそうなるとは、その時全く予想していなかったのだ。

話に聞いていた雪の回廊を走る。ちゃりけんさんのblogで見た程の高さではなかったので
(あの写真はビックリだった。だいぶ融けたな。)写真は撮らなかったが、面白かった。

そしてようやく念願の浄土平〜吾妻小富士に到着!
ヤッター! みんな〜オラも来たよ〜!!
d0148087_1305712.jpg

d0148087_1324991.jpg

そして記念だから↓
d0148087_1313360.jpg


お約束を一通り終えたら、すっかり体が冷えたので(ドリンクも無くなったので)
自販機に向い、ドリンクを補給していると、あのキャノンデールの方が話しかけて
きてくれました。kondouさんです。(お名前は別れる時に聞きました。
最初に聞けばいいのにね。失礼でした。スイマセン。)
kondouさんは元々MTBに乗ってらっしゃって、今回初めてロードを購入されたそうで、
乗り方が今イチ慣れないと言っていた。(そして来たのがスカイラインって、スゴ過ぎ)
福島市内にお住まいとの事。これからもちょくちょくお逢い出来そうですね。
なんとkondouさんは先日の大槻公園MTBミーティングに参加しており、
ソロで3位になったそうです。スゴい!!
しかも、昨年12月中旬に[こでらんに走行会(pon師匠推薦コース)]があったとき、
度々すれ違ったイエローカラーのGT(憶えてますか、皆さん?)、
そのオーナーなのだそうです。いやぁ、世の中狭いね。

で、結局2人とも寒いので、このまま来た道戻りましょって事になり、
一緒に帰ってきました。オイラの弱い足腰に走りを合わせて頂いてすいません。
行きはタラタラ、ハァハァで3時間以上かかってんのに、帰りは1時間ぐらいで
帰ってきてしまった。しかも当たり前だが殆ど漕ぐ事は無かったし。
福島C.Cの入口で2人は別れました。また一緒に走りましょうね。

14時過ぎ。私も無事、家に到着。
距離にして89.896km(もう少し寄り道すれば90だったのに。)
なかなかの走行距離だすね。
最高時速68kmだった。(ちゃりけんさんのblogだと80km出たって書いてったが、
私にはムリです。(笑))

しかし、楽しかった。また行ってみたいな。うん。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-04-21 14:26 | チャリ嗜好の日々