2009年 03月 02日 ( 3 )

ヴェルダムトな3人

昨年末から年明けに掛けて、kozyくんがヘルニアの為、手術〜入院となり、
毎年行われていた新年会が延期になっていたが、ようやくkozyくんの体調が
良くなってきたので、じゃあ飲もうと言う事に。

私も徹夜明け翌日なので、ムリは禁物と慎重にいったつもりだったが・・・。


3人で飲み会。
私とkozyとsugar(suganoさんblogで最近、顔馴染みの)の3人。
いわゆる「クサレ縁」というか「悪友」というかなのだが、
なぜか現在3人ともチャリにハマっているのだ。しかも、それぞれがバラバラで始めてる。
(その辺がクサレ縁になる理由か)で、もちろん、酒の肴はチャリ話。
元々バンドを組んだ3人で音楽の話も盛り上がりましたが、
やはり今はチャリなのか、ポジションはどうだとか、ペダリングがあ〜だとか、
サドルはどうなの?など、盛りに盛り上がり、そこにプラスで酒と鍋。
気が付きゃ午前3時近く。あちゃ〜、またこんな時間に。
でも楽しかったよ。

もう完全夜型になってしまっているのか。

でも、色々と収穫があった飲み会でした。お疲れ様でした。
今度はポタリングで会いましょう。
それにしてもsugarはスゴい。(チャリもスゴいが、酒殆ど飲まずに3時までって)
[PR]

by kenzy2nd | 2009-03-02 16:23 | 何気ない日々

自転車漕げぬストレス解消

小説とか自伝とかのいわゆる分厚い本は最後まで一気に読まないと落ち着かない。
途中途中で枝折挟んだりするとブランク開きすぎて、
そのまま読まなくなるのでその類はあまり読まない。
(独身の頃は余程時間があったのかそれなりには本を読んだつもり)
だから最近読んだ本は?なんて聞かれてもマンガとしか言えない。
興味対象外なものはホントに触れる事さえない。
その点、雑誌は読んで字の如く雑誌だから、途中で止めても続きが読める。
気持ち的に楽だ。マンガと一緒で風呂でもトイレでも読める。

ここ数週間で買った雑誌がコレ↓
d0148087_151518.jpg

これはサイクルスポーツ。私の毎月の愛読書。
自転車関連では一番読み易い。(と思う。)インプレの大石さんのコメントが好き。
私的には今、色んなチャリ雑誌が出てるが最後に残るのはコレを入れた3誌ぐらいかと。


次はコレ。久しぶりに買ってみたブルータス。↓
d0148087_1512980.jpg

これは何となく惹かれて買った。
ブルは昔から読んでいたが、ここ1〜2年ぐらいつまらなかったので買ってなかったが、
コレは何となく買ってみた。家庭菜園やってみたくなった。
本格的に農業に足を踏み入れようとするとkikuman師のblogで「甘い!」と
書いてあったので、止めた(冗談ですが)。
確かにこんな風に自動車産業その他の企業が今ヤバいから、みんなで農業やろうなんて
ものスゴい考えが甘いと思う。日本もブラジルを見習えば、もう少し変われるだろうが。
ブルはなぜか農業はカッコイイみたいなイメージ付けしてるが、明らかに???と思う。
まぁ、休日、土に触れ、簡単なプチトマト作るぐらいならやってもいいだろうと
・・・思って雑誌購入。
だが、数日後、(30年以上家庭菜園やってる)うちの親父に鼻で笑われた。


そしてコレ。意外なものを買うんだと思われそうだが↓
d0148087_1514884.jpg

こちらもコンビニ寄ったら目に止まったので即購入。
元々興味はあったが、サライならこれ一冊あればある程度は情報が得られるだろうと。
10年程前に福島で野村萬斎さんの狂言を観に行ってから、
日本の伝統芸能が少し身近に感じられたのだ。で、その辺りから興味を持つようになり、
(まぁ、ただ諸事情でそうそう観に行く事は無いのだけれど)今に至るで、
今回、たまたま目にしたので買ってみました。
さすがサライですね。もの凄くその世界に入り易い内容です。
今度、機会があれば生で観たいと本気で思いました。


マンガは大好きなのだが、たまにはこういう雑誌も読まないと。
仕事にも少なからず影響する時があるしね。
ストレス溜まったら、(体動かせないなら)兎に角、疲れない本を読むです。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-03-02 15:45 | 何気ない日々

怒濤のぉ〜2週間。

自分のキャパを完全に超えてやってるな、仕事。
いや、キャパとかじゃないな。どうなんだろ?
デザイン的なキャパじゃなくて時間的なキャパだな。

あ〜、パーマンの持ってるコピーロボットが欲しい。
何度思っただろう。

とりあえず、峠は越えた(?)よな。

あ〜、眠り足りない。
あ〜、走り足りない。
あ〜、叫び足りない。
飲み足りない。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-03-02 14:59 | 何気ない日々