深いなぁ。

「自転車ショー歌」忌野清志郎

子ネコがミヤータ コルナーゴ
僕の彼女は ビアンキで
プジョーが読めなく コメンサル
ルックは良いのに クラインで
ちよっトマズィーニ こまったら
モールトン飲ませりゃ バッタリン
オルモお前もスカピンで
カンパをキャノンデールけれど
カレラはやっぱり カサーティと
弱音を吐くこと アランで
ギターをつマヴィック 俺たちは
のび太の友達 ジャイアント
川原のマルイシ 手にとって
マージをかければ 黄金に
バッソと変ると スピナジー
世の中そんなに アマンダじゃ
ないから人生 コロンブス
次に行くのは どのムラーカ
あの娘はやっぱり スペシャライズド
トレックいっぱい アンカーを
積み込みデローサ ジダンけど
ピナレッロれつが ソニックで
ほっぺをチネリれ コッピどく
ボッテキアがれと オルベアた


自転車ショー歌

・・・・・いい歌詞だなぁ。・・・・・・ってクオータ無いしッ(悲)
クオータ(凍った)路面で スピンして〜
スコット(ちょこっと)滑るも タイレルなぁ〜♪
なんて入れて欲しかった。ハハハ。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-05-08 19:11 | チャリ嗜好の日々