宝探しで宝は本当にあるのか?

正月休みに息子にせがまれ買ったコレ↓
d0148087_1326466.jpg

前にも買った事があったので、たまにはいいかと。
箱の中身は土の塊が一つ。そして採掘工具と説明書。
まぁ、子どもにはソレで十分楽しめるモノであった。
説明書↓
d0148087_132776.jpg

で、前はテクタイトだったかアメジストだったかが出てきた。
思っていたより大きく1.5〜2cm角ぐらいのヤツだった。

で、家の中だとアレなんで外で発掘が始まる。
息子はダイヤモンドが欲しいと言って掘っていたが、
あまりに土塊が硬いので、それごと玄関先のコンクリートに投げた。
それが見事に砕け散ってしまい、小さな塊となって四方八方へ。
慌てて集めてみると小さい透明なシール(?)らしきものと
発掘して出てきた鉱石を載せる台が見つかった。
ところが、肝心の鉱石が見当たらない。
小さな塊を粉になるまで砕いても何も入っていないのである。
しばらく辺りを探してみるも何もない。
息子はダイヤだったに違いないと諦めきれず探すが・・・。
ダメだ。息子にまた買ってあげると約束し、家の中に送る。
しばらくすると家の中から泣き声が・・・。あ〜あ。

で、散らかった宝探し関係を片付け、残ったシール(みたいなやつ)と
台を持って、それらをよ〜く見たら・・・・、
台には[Diamond]と書かれていた。なに〜っ?ダイヤモンドだと〜。
さらにシール(みたいなもの)には[YOU ARE LUCKY!]と書かれていた。
そして、ゴミだと思っていた粒は・・・・コレじゃん!
d0148087_13275284.jpg


さらに説明書をよく見るとダイヤモンドは他の鉱石とはサイズが
全然違うのであった。ハハハっ。そりゃ、そうだよな、300円だし。
d0148087_13273414.jpg


泣きじゃくる息子にその経緯を説明。
するとたった今まで泣いていた息子は大激怒。「騙されたっ。サギだ!」

でも、たぶんこの商品の中では一番スゴいのが当たったんだよと説得。
なにせダイヤが当たったんだからね。米粒以下のサイズだけど。
(因みに一番上の写真右下に何げに映りこんでるのが、そのダイヤ。)

とんだ笑い話でした。
[PR]

by kenzy2nd | 2009-01-06 13:59 | 子育ての日々