あと28秒。あと数百mの反省。

ちょうど一年前に この道を走ったよ
昨日の事のように 今はっきりと想い出す
緊張していたせいで 車(チャリ)は蛇行してたさ
どこまでも続く白いセンターラインが綺麗で

白いサドルの俺は まるで子供のように
微笑みを浮かべたまま 流れる涙と鼻水
もがいて踏込む脚を 恨めしそうににらんで
俺の心に繰り返し「脚力欲しい…」と言った

何でもないようなフリで 落ち込んだ後に思う
何でもう少しラスト 死ぬ気で漕がなかったの
[ある曲の替え歌を作ってみる。わかるかなぁ〜。]


昨日、[第7回時空の路ヒルクライムin会津]に参加。

先週の失敗を繰り返さないように、前日はキチンと眠る事が出来た。
先週の失敗を繰り返さないように、サプリメント(ミネラル、マグネシウム等)を飲み、
アーモンドやらナッツやら食い、水分も十分に摂った。

朝4時、チームまげでらんに大森支部ご一行様出発。
ヨッシーさん、kumeさん、kikumanさん、私の4人はヨッシーさんの車で会津に向う。
今日の作戦をあれこれ話し(作戦?)、現地到着。
駐車場でpon師匠と合流。早速の三味線弾きが始まる。(笑)
スタートまでに何かとハプニングがあったが、無事開会式〜スタートに至る。
私以外すべて50代なのでスタートは別になり、私の方が先にスタート。
でも油断は禁物。昨年はkikuman&pontsuko両師匠にあっと言う間に抜かれた
苦い経験がある。今年は負けないようにしよ。

スタート。
速い連中がトレインを組んでバシバシ走るのかと思いきや、
私の組はもうバラバラ。関係ないねとばかりに個々にダッシュ。
エ〜っ、マジですか。オラも行かなくちゃで漕ぎまくる。
最初から心拍計ピーピー言ってるよ。
でも、目標の為にはここでくたばる訳にはいかん。漕いで漕いで漕ぎまくれ。
と前半は気持ちと体力がいい感じで続いたのだが、後半一気に落ちる。
ただ、でもまだ[チームまげでらんに]メンバーが来ない。まだ頑張ってるぞ、オレ。
なんて思っていたら「ケーン、頑ば〜!!」の掛け声と共にkikuman師匠の姿が。
来たー!!で、あっと言う間に目の前から消えてしまった。後に続くどころか
全然追い付けない、オイラの脚は所詮こんなもんかと嘆く余裕さえ残っていない。
残り2km、残り1km、くそーッ
中盤からほぼずっと一緒に走っていたSCOTT乗りをパス出来るも、
ラストスパートを懸ける猛者共にガンガン詰め寄られ、抜きつ抜かれつ繰り返す。

最後のコーナーを抜け、スパートをかける。ゴール!!

前回より明らかに苦しい。疲れた。
自分のメーターを見るも41分を過ぎていた。「ん〜ん」である。
とりあえずレースは終わった。
[前回タイムを縮める事と40分切りの]2つの目標を挙げて挑んだ訳ですが、
結果、前回タイムよりは縮まったが40分を切る事が出来ませんでした。
レース終了後のリザルトが発表。
40分27秒。何コレ?あと100〜200mじゃん。何やってんの、オレは?
また○○さんに負けた〜!精進してたのはオイラだけじゃなかったって事だな。不覚。
まぁ、でもこれで来年の目標が出来た訳だな。
kikumanさん、8位入賞。スゲー、自身じゃないのに感動しました。
I井くん、3位。32分台。やはり予想通りの上位入賞。1、2位との差僅か数秒って。
S藤さん7位入賞。スゲーよ、先輩。33分台て上位目の前じゃないですか。
ホント皆さん、おめでとうございます。また来年楽しみましょう。


大会終わって、まげでらんにメンバーは、いつものとっぷん&飯コースを満喫。
いや〜、色々あったけどやはりレースはやめられないのだ。

※某所に写真が掲載してあったのでとりあえず載せてみる。↓
d0148087_11353043.jpg

左に写っておられるSCOTT乗りさんと中盤〜後半までずっと一緒だったのだ。↑

d0148087_11354211.jpg

最後のスパートをかけるべくメガネを調整。「あっ、写真は止めて下さい」的にも見える。

d0148087_11355477.jpg

いや〜、終わった終わった。下りはやっぱり楽しいな〜で余裕なフリを。↑
[PR]

by kenzy2nd | 2010-05-24 18:33 | チャリ嗜好の日々