誰のため?そりゃ勿論子どものためだよ。

祭の実行委員会の集まりがあった。
先月お祭りがあり、その時メインの山車の駆動系(車輪部分)が壊れてしまい、
それでその山車を今後どうするか、修理するのか等の話し合いがされました。

当然、私としても(集まった実行委員の皆さんも)祭は続けたいし、山車もやりたい
という方向に一致したのですが・・・・、
修理費をどうやって集めるかってことになり、あ〜だこ〜だとなる。

この実行委員会は基本、神社や子ども育成会(子供会みたいなものか)の
どちらにも属さない会だそう(初めて知る)で、しかも地元一般家庭からの寄付を受けずに
17年もの間、祭をやってきたそうです。(普通に聞いたら、スゴい事ですよ。)
私が昔住んでた町のこういった子ども祭は、一般家庭からの寄付や企業からの寄付を
頂いて祭を運営していました。(それが当たり前だと思っていた)
確かに子ども祭だけじゃなく大人の祭も含まれていましたが。

低予算でありながら、子どもたちにもちゃんと参加賞としてジュースやお菓子などを配る。
寄付をしていない家庭にすればありがたい話だが、そう言う裏事情を知らないで
文句をいう家庭もあるそうで(このお菓子だったら要らないとか)、困ったもんだと。
でもやっぱり子どもらの楽しそうにしてる顔を見ると祭やってて良かったなぁとなるから
続けて行かなきゃいけんとです。

で、最終的に一般家庭からの寄付をお願いして修理をしようという事に。
祭の寄付は当たり前と思っていた私は全然賛成だが、
今までそういう寄付を求められなかった家庭はどう思うのだろう。
果たしてどれだけ賛同を得られるか。
子どもの為だもん、そのぐらいはねぇってなればいいのですが。

ゴジラに次ぐ大作を来年も期待してるので、頑張りましょう。
d0148087_1525682.jpg

[PR]

by kenzy2nd | 2009-12-03 17:13 | 何気ない日々